Blog

ニュース・セミナー

サービスロボット「KEENON 」がソフトバンクから数十億円を調達 日本など海外進出を加速

配送ロボット開発メーカー「KEENON ROBOTICS(擎朗智能科技)」が昨年12月、シリーズCで数億元(数十億円)を調達した。リードインベスターはソフトバンクの投資子会社「ソフトバンク・ベンチャーズ・アジア(SBVA)」、財務アドバイザーは「沖盈資本(Evering Capital)」が務めた。

新型コロナウイルス、病棟で活躍する配膳ロボット

  現在流行している新型コロナウイルス肺炎は強い感染力を持つ。院内感染を防ぐには、医療スタッフが患者に直接触れないだけでなく、最低1メートルの距離を保つことも必要だ。このような状況では、必要な物をどのように患者に届けるかが問題になる。武漢で完成したばかりの仮設病院「火神山医院」は「配送レーン」を設置、スタッフと患者の直接接触を回避しているが、中国の既存の病院のほとんどはこのような設備を備えていない。新型コロナウイルス肺炎の流行を受け、もともと外食産業などで使われていた配膳ロボットの医療分野への転用に注意が向けられた。...